【画像】オホッピー選手のwikiプロフィール!年棒4倍がネットで噂

エンジェルスの大谷翔平選手のキャッチャーとして注目を浴びているローガン・オホッピー選手!

じつはまだ23歳の新人で、日本ではイケメンと話題になっています。

ここではオホッピー選手のwikiプロフィール&年棒について紹介します♪

目次

スポンサーリンク

オホッピー選手wikiプロフィール

©Logan O’Hoppe instagram

確かにディカプリオに似てるイケメンのオホッピー選手!

最初に簡単なプロフィールを紹介します。

  • 名前:ローガン・オホッピー(Logan O’Hoppe)
  • 出身地:アメリカ・ニューヨーク州
  • 生年月日:2000年2月9日(23歳)
  • 身長&体重:188㎝、83,9kg
  • 所属:ロサンゼルス・エンジェルスの捕手

オホッピー選手はニューヨーク州のロングアイランド・セイヴィル育ちです。

いつから野球を始めたのかは書かれていませんが、高校時代は三冠王を獲得!

年間最優秀選手&ゴールドグラブ賞を受賞しています。

全米でトップの高校生キャッチャーと認められた実力の持ち主です。

  • 2016年:地元のセント・ジョンザ・バプティスト高校へ進学。
  • 2018年:フィラデルフィア・フィリーズに指名されて入団
  • 2019年:NYPLオールスターゲームに出場
  • 2019年:オーストラリア野球リーグのアデレード・ジャイアンツでプレイ。
  • 2021年:ジャージーショア&レディングでプレイ
  • 2022年:ランキング3位でトップ100プロスペクトに入る
  • 2022年:トレードでエンジェルスに移籍。

実はオホッピー選手は父親の母校「イースト・カロライナ大学」に入学して野球をすることが決まっていました。

しかしドラフト発表3日目に23巡目で名前を呼ばれて、やはりメジャーリーグに挑戦したいと転向しています。

次の章ではフィラデルフィア・フィリーズ時代のオホッピー選手を紹介します。

オホッピー選手フィラデルフィア・フィリーズ時代

オホッピー選手は2018年にフィラデルフィア・フィリーズに指名されてプロ入り。

この年はルーキー級ガルフ・コーストリーグ・フィリーズでプレイ。

成績は34試合中・打率3.67、21点の成績を残しました。

2019年オホッピー選手

©Axcess Baseball

2019年オホッピー選手はニューヨーク・ペン・リーグ(NYPL)でプレイ。

45試合出場して、打率.216、26打点の成績でした。

©Logan O’Hoppe instagram

シーズン終了後にオーストラリアのアデレード・ジャイアンツでプレイ。

オホッピー選手は28試合出場、打率.258、18打点の成績を残しました。

2020年はコロナでシーズン中止となり、オホッピー選手は公式戦には出場していません。

2021年オホッピー選手

©facebook

2021年オホッピー選手はジャージー・ショアでプレイしました。

85試合出場、打率.270、48打点という成績でした。

その後、オホッピー選手はAA級のレディング(Reading Fightin Phils)に昇格。

13試合に出場、打率.296、7打点という成績を残しました。

シーズン終了後にはアリゾナ秋季リーグのピオリア・ジャベリナスでプレイ。

22試合出場、打率.299、17打点の成績でした。

ここではスポーツマンシップ賞のダネル・ステンソン賞を獲得しています。

1年間で3つの違うチームでプレイするって凄い大変ですよね💦

でも色々な場所で試合を重ね、実力を発揮するオホッピー選手は凄いです!

2022年オホッピー選手

©Logan O’Hoppe instagram

オホッピー選手は2021年のランキング11位から2022年3位にランクアップ!

レディングでの成績は75試合出場で打率.250、打点45(15ホームラン)でした。

この時の成績が認められて、ロサンゼルス・エンジェルスにトレードとなります。

オホッピー選手エンジェルス時代

©facebook

2022年8月2日にトレードされてロサンゼルス・エンジェルスの一員となったオホッピー選手。

ロケットシティ・トラッシュパンダズのデビュー戦では初打席初安打で注目を浴びました。

このチームでは29試合に出場し、打率.306、33打点(11ホームラン)という好成績を残します!

マイナーリーグでの最高成績を記録したオホッピー選手は、プロスペクト1位(期待の新人)としていよいよメジャーリーグでプレイすることになります。

©twitter

2022年9月27日エンジェルスはオホッピー選手を控えに登録、メジャーリーグ昇給を発表しました♪

翌日には1軍のキャッチャーとして先発、初安打を記録しました。

短いシーズンで5試合出場したオホッピー選手、打率.200、2打点の成績でした。

2023年オホッピー選手

©CBS news

2023年の春キャンプで好成績を収めたオホッピー選手、メジャーリーグ開幕戦ではスタメン出場♪

オホッピー選手はエンジェルスの史上最年少開幕捕手として記録に残りました。

©twitter

もちろん大谷翔平選手とオホッピー選手のバッテリーもあり♪

ベンチで仲良さそうにオシャベリしてるので、今後もこのコンビには期待大ですね~

2023年4月2日の試合でオホッピー選手はメジャーリーグ初のホームランを打ちました♪

さすが期待の新人No.1のオホッピー選手、おめでとうございます!

次の章ではオホッピー選手の年収について説明しています。

オホッピー選手の年棒

©Angels

2018年にプロ入りし、マイナーリーグや海外で地道に経験を積んできたオホッピー選手!

初年度の年棒と現在を比べると何と4倍も上がっています!

【オホッピー選手の年棒】

  • 2018年:フィラデルフィア・フィリーズと21万5000ドルで契約
  • 2022年:ロサンゼルス・エンジェルスと70万ドルで契約

オホッピー選手の初年度は約2,450万円、4年後には約9,250万円と、ほぼ4倍の年棒を得ています!

2018年に18歳でMLBドラフト23巡目マイナーリーグの年棒が2,450万円という数字も凄いですが、メジャーリーグになると桁が上がるんですね💦

日本だとプロ野球2軍の最低年棒は440万円、1軍の最低年棒は1,600万円くらい。

やはりアメリカのメジャーリーグ&好成績の選手は桁違いの年棒となるのですね。。。

オホッピー選手wikiプロフィールまとめ

©Angles

ロサンゼルス・エンジェルスのオホッピー選手のwikiプロフィールを紹介しました!

高卒でドラフトでプロ入団、その後8つのチームで野球をプレイ。

現在はメジャーリーグ1軍で新人キャッチャーとして期待されています♪

今後の大谷翔平選手とのコンビも楽しみですね~

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次